読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運命力という名の幻想

ニコ生主Anonによるポケモンの雑記

たのしかったほくだいさい

北大の学祭に遊びに行きました。

 

 

朝9:30くらいに大学到着。実家から余裕持ってこようとしたら早すぎた。

 

 

11:00くらいまでうろうろしたり、同好会にも行ってぬるぬるおじさんと世間話。

 

またしましょうね。 〜(^ω^)〜ぬるぬる触手〜(^ω^)〜

 

 

 

11:30~、ポケサー主催の大会に出る。

私は・・・なんだっけな、マリルリブロックだったかな。

 

 

初戦:なまえわすれた(ポケモン初めて1ヶ月位の人らしい)

 

何事もなく勝った。

 

 

2戦目:オフ会初めてらしい人(名前忘れた)

 

ランターンの冷凍Bでメガデンリュウが凍らされて、

「ア、ア・・・」って言ってたら負けた。

 

 

3戦目:樽ポケのPCL?シングル代表の人

 

パンプジンが確か凍って、トリル出来ず死んで、

マリルリ決戦になって、

俺のじゃれつくが避けられて、相手のじゃれつくが急所にヒット。

 

勝てるか馬鹿者。

 

 

予選最下位。ちなみに一位は俺が倒したポケモン始めたばかりの子。

 

すっかり自信なくして途方に暮れてました。

 

 

そしてボサーっとしてたら、突然、

 

 

ポケモンしよ!」

 

背後の下の方から声がする。

遊びに来た小学生である。

 

そこで病院ではたらく僕は即座に「いいよ!」と。

親御さんにも「遊んでやって下さい・・・;」と。

 

スタッフ働けボケ。

 

俺「シングルでいーかい?」

男子小学生(以下DS)「ダブルやりたーい」

俺「アッ、えっ、ちょっと待っててね(やべーよデスラッキーしかねーよ)」

DS「わかったー」

 

DS「みてみてー、バシャーモとかラプラスLv100だよー」

俺「へーすごいねー、がんばったね~」

 

もうポケセンスタッフとして働こうか。。。

 

 

俺(デスラッキー)VS小学生(ミュウツーとかいる)

 

わざと負けるように立ち回り、もう終わろうとしたその時、

 

ふぁらお、セロリ、カヲルとかそのへん

「何そのラッキー!?地球投げ?!改造かよ~~ww」

 

 

てめえらまとめてしね

 

 

 

 

そしてまったりと決勝トナメを眺めながら野次を飛ばしたりしてました。

 

 

帰りはカヲルニキと風月でお好み焼きともんじゃ焼き食べて帰りました。

 

 

 

 

はぁ

 

f:id:akatuki0613:20140607225916p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:akatuki0613:20140607225930j:plain

 

 

お疲れ様でした